SUNTORY SUNTORY公式ブログ

RSSフィード

サントリートピックス

サントリー広報部員が取材し、”サントリーの今”や”こぼれ話”をレポートするサントリー公式ブログです。

5大ウイスキーと燻製料理が愉しめる「日比谷BAR WHISKY-SⅢ」(東京・三田)

ウイスキーの魅力を多くの方にお伝えするべく、2003年にオープンした「日比谷バー ウイスキーズ」。銀座にある1号店は山崎蒸溜所がテーマ、2014年にオープンした2号店は白州蒸溜所をテーマにしたお店です。

そして、今回オープンした3号店「日比谷BAR WHISKY-S III(ウイスキーズ スリー)」は"世界5大ウイスキー"をはじめとして、様々なウイスキーの飲み比べを体感し、自分好みのウイスキーを見つけることができるお店です。

リンク:「日比谷BAR WHISKY-S III」オープン(ニュースリリース)

※世界5大ウイスキーとは、ジャパニーズウイスキー、アメリカンウイスキー、カナディアンウイスキー、スコッチウイスキー、アイリッシュウイスキー、の総称です。技術、品質、生産量などあらゆる面において、世界で高い評価を受けている代表的な5つのウイスキーです。

サントピでも早速取材に行ってきました!

席につくと、早速お店の方が来てくれます。メニューを丁寧に説明してくれるので、ウイスキー初心者の方でも困ることはありません。

   

■"5大ウイスキー"でつくるこだわりのハイボール
私たちがお願いした乾杯の1杯は、お店の方もおすすめの「カナディアンクラブ"キング"ハイボール」。
カナディアンウイスキー「カナディアンクラブ」のハイボールで、スムース&マイルドな味わいが特長です。ですが、なぜ"キング"ハイボールというのでしょう?
それは、ウイスキーを"キンキン"に冷やして、笑ってしまうくらい"イっと"いけちゃうから。レモンピールの香りも爽やかで、乾杯の1杯にぴったりなハイボールです!  

ハイボールに使っている氷やソーダは、どれも天然水。ウイスキーズのこだわりのひとつです。
続いては、アメリカンウイスキー「ジムビーム ダブルオーク」のハイボール。プレミアムバーボンならではの、甘いキャラメル香が楽しめます。まずはそのままで一口。そして、もうひと工夫が、これ。

オレンジピールです!オレンジピールで香りづけをするのですが、グラスに向けて振りかけてはダメ。グラスから少し上に向けて振りかけると、苦味が上のほうに飛んでいくのでグラスに入らず、オレンジのよい香りだけが入るんですよ。
こんな豆知識もお店の方が実演をまじえて教えてくれて、楽しくハイボールを堪能できます。

 
こちらは、アイリッシュウイスキーの「カネマラ」のハイボール。スモーキーな香りが特長で、手で軽くたたいたミントを添えると、さらにその風味が際立ちます。
"5大ウイスキー"をそれぞれに合ったこだわりのハイボールでお楽しみいただけるので、味わいの違いや、それぞれの魅力をたっぷり感じていただけます。

  

■国で選ぶ?気分で選ぶ?ウイスキーフライト
「ウイスキーズIII」の真骨頂がこれ。"フライト"と呼ばれる飲み比べセットは、ウイスキーを少しずつ、手頃な価格で飲み比べることができます。

つくられた土地の気候風土やつくり手の技や知恵が色濃く映し出されるウイスキー。世界のウイスキーを飲み比べて、世界旅行気分を楽しみませんか?
おすすめは「世界5大ウイスキーフライト」。カナディアン、アメリカン、ジャパニーズ、アイリッシュ、スコッチと、左側から順番に飲み比べていくのがおすすめです。 

5大ウイスキーのうまれた気候風土や、歴史的背景を知るともっと深く楽しめますよ。サントリーのウイスキーサイトもぜひチェックしてみてください。

リンク:旅するように味わう"世界の5大ウイスキー"(サントリーウイスキーポータル)
   

また、5大ウイスキーフライトだけでなく、国ごとのウイスキーフライト、気分やシーンに合わせたウイスキーフライトなど、さまざまなフライトを楽しむことが出来るんです。

こちらは、アイリッシュフライト。
「タラモアデュー」、「カネマラ」、「キルベガン」の3種がセットになっています。

「タラモアデュー」はアイリッシュウイスキーの中でも軽やかで、レモンのような香りが特長。また、一般にアイリッシュウイスキーはスモーキーフレーバーが無いといわれていますが、「カネマラ」はアイリッシュウイスキーで唯一スモーキーな香りがあるのが特長です。「キルベガン」もライムなどの柑橘の香りで、ライトでスムースな味わい・・・と、同じアイリッシュウイスキーでも味わいの違いが分かって楽しいですよ。


こちらは、アメリカンウイスキー・バーボンのフライト「ソウルメイトフライト」。バーボン特有のバニラやキャラメルのような香りをさらに引き立たせるため、チェイサーに牛乳をつけることもできます!


国ごとのフライトには、その国のおつまみを合わせて。5カ国の名物料理をウイスキーズ流にアレンジしたおつまみをご用意しています。
カナディアンウイスキーのフライト「カナディアンフライト」には、カナダ発プーティン。それぞれの国で国民に愛されている伝統料理は、その国のウイスキーとのマリアージュも最高です。 

<5カ国のフードメニュー>
「ポテト好きにはたまらない カナダ発 プーティン」(カナダ)
「英国伝統 ジャケットポテト」(スコットランド)
「やわらかチキンの塩麹旨み焼き」(日本)
「ニシンの燻製 ザワークラフト和え」(アイルランド)
「チーズとコーンのミートローフ」(アメリカ)

    

■自慢の自家製 燻製料理
「ウイスキーズIII」のフードメニューはこれだけではありません。
世界のウイスキーに合わせ、厳選したハーブとウッドを合わせて店内でゆっくりじっくり燻す「燻り惣菜」が自慢です。

▼塩サバの燻製直火焼き

▼激選!!炙り焼きベーコン
▼三田名物 チーズべったら

※画像提供:日比谷Bar

すべてがお店で燻されたこだわりの燻製。どれもウイスキーにぴったりだったのですが、取材に伺ったときにはべったら漬けが人気で、何度も繰り返し注文してしまったほど!
やはり燻製料理とウイスキーの相性は間違いありません。

前菜メニューからシメのサンドイッチまで、豊富なメニューが揃っているので、いろいろなウイスキーとの相性をお試しください。

   

■おしゃれな店内でウイスキーと燻製をお楽しみください
最後に、「ウイスキーズIII」のとっておきの個室をご紹介します。この写真に個室への入口があるのですが、分かりますか?
なんと、このウイスキーの棚が扉になっていて、この中に個室があるんです!
4~6名様のご利用がおすすめとのことなので、利用をご希望の方は、ご予約時にお問い合わせくださいね。

ウイスキーが大好き!という方はもちろん、いままでウイスキーはほとんど飲んだことがない、という方も、「ウイスキーズIII」に訪れたら、きっと新たなウイスキーとの出会いがあるはず。お好きな"フライト"片手に、ウイスキーの世界へ旅立ちましょう!

今回は、まる がお届けしました。

     

「日比谷BAR WHISKY-S III」(ウイスキーズ スリー)
所在地:東京都港区芝5-16-7 芝ビル1F
営業時間:17:00~23:30(ラストオーダー 23:00)
電話:03-6436-9376
席数:50席

▼関連リンク
ウイスキーフライトを堪能できるお店が誕生!(サントリーウイスキーポータル)
「日比谷BAR WHISKY-S III」オープン(ニュースリリース)

まる

この記事を書いたのは…
まる


このページの先頭に戻る

イベント・キャンペーン

一覧ページへ

ソーシャルメディア

ブログスタッフのプロフィール

まる まる

入社から広報部。サントリーレシピサイト「レシピッタ」も担当。

趣味は、好きな街を散歩。カメラを買って写真も練習中。

秋田出身、学生時代は仙台。東京に来て、おいしいお店が多く、制覇しきれません。


まよら~ まよら~

入社から広報部。「サントリー公式Twitter」も担当。

趣味は、映画鑑賞。海外ドラマにハマっています♪

アクティブに動くのも、のんびりするのも好きです。楽しいブログをお届けします!


サントリー公式ブログ

オススメコンテンツ