SUNTORY SUNTORY公式ブログ

RSSフィード

サントリートピックス

サントリー広報部員が取材し、”サントリーの今”や”こぼれ話”をレポートするサントリー公式ブログです。

世界に誇る水の山「南アルプス」満喫ツアー♪~おすすめ観光スポット篇~

南アルプスの山々に育まれた清らかな天然水は、サントリーの商品づくりに欠かせない存在であるとともに、地元でも古くから大切にされてきました。

そんな「サントリー南アルプスの天然水」の製造ラインを間近で見学できる「天然水 南アルプス白州工場」と、清らかな水のふるさとならではのおすすめ観光スポットを巡る"南アルプス満喫ツアー"をご紹介します!


◆世界に誇る水の山「南アルプス」満喫ツアー 1日コース

1、小淵沢駅 出発
 ↓ <タクシー10分・期間限定シャトルバス15分
2、「天然水 南アルプス白州工場」到着!
 ・南アルプスの天然水ガイドツアー参加!
 ・地産地消のメニューが自慢!ホワイトテラスでランチ
 ・緑あふれる場内の散策&お土産選び
 ↓<タクシー10分>
3、歴史ある酒蔵「山梨銘醸(やまなしめいじょう)」
 ・酒蔵の見学(冬期のみ、10月~3月末)
 ・麹ドリンクが飲めるカフェでひと休み
・きき酒体験
 ↓
4、名水の里の手作り和菓子屋「金精軒(きんせいけん)」
 ・名物「生信玄餅」をお土産に
 ・2階のギャラリー見学
 ↓<タクシー20分>
5、小淵沢駅 到着

世界に誇る水の山「南アルプス」満喫ツアー、いよいよ体験!

==============
【前編】~工場見学・ランチ篇~
【後編】~おすすめ観光スポット篇~
==============

前編では工場見学で「サントリー南アルプスの天然水」が育まれる自然環境や、皆さんへ安心・安全な天然水をお届けするための取り組みを学び、工場の散策・ランチ・お土産ショップを満喫しました。

続いては、工場からタクシーで10分ほど移動し、白州町台ヶ原を目指します。台ヶ原は、宿場町として栄えた、昔の町並みが残る場所。この台ヶ原には、南アルプスで育まれた水を大切にしているお店が2軒あります。

◆名水の里の手作り和菓子屋「金精軒」~おすすめ観光スポット①~
「金精軒」は、明治35年に創業。
古くからの建物がとても素敵なたたずまいで、昔は旅籠屋を営んでいらっしゃったのだとか。平日だったにも関わらず、店頭はたくさんのお客様で賑わっていましたよ!

「金精軒」は山梨の銘菓である「信玄餅」が有名。特にこの「生信玄餅」は、お伺いしたときには売り切れ寸前でした!工場直送の「生信玄餅」、数量限定なので要チェックです。

山梨が誇る梨北米を100%使用したお餅は柔らか~く、きな粉と黒蜜をかけて食べると、控えめな甘みの中にお米や大豆のおいしさを感じます。
お店で試食することもできるので、ぜひ一度お試しくださいね。驚くこと間違いなしです!

そして今回は特別に金精軒の方からお話をお聞きすることが出来ました。
2013年から販売している「水信玄餅」が大ヒットし、夏の限定発売の期間になるとたくさんの人が訪れるのだとか。

お水に少量の寒天を入れて、形が崩れない程度に固めた、固形と水の中間のような食感。ほとんどが水で出来ているので気温によっては30分ももたないことから、お店でしか食べられない水菓子なんです。

※写真は金精軒さんに提供いただきました。

この水信玄餅を作ろうと思ったのは、もちろんこの南アルプスの"水"にとても自信を持っているから。まさに"水を食べる"という表現がぴったりで、どこで作っても「ここの水信玄餅のおいしさに敵わない」という自信の一品、今度は夏に行ってぜひ楽しんでみなければ!

2階のギャラリーも素敵な空間で、北杜市周辺の作家の方の絵画などを展示しています。昔旅籠屋だった名残で、細い柱がたくさん。ゆったりの座って絵を眺めるのもオススメです。

「金精軒」のサイト

◆歴史ある酒蔵「山梨銘醸」で酒蔵見学!~おすすめ観光スポット②~
次に訪れたのが、日本酒「七賢」で有名な「山梨銘醸」さん。金精軒さんのななめ向いに、これまた立派な古くからの建物があります。
江戸時代・寛永3年、この地の水に惚れこみ酒蔵をたててから約300年。古くから名水の地だったことが分かりますね。酒蔵ならではの大きな杉玉が目印!

一歩中に入ると、昔ながらの建物のつくりがとても雰囲気のよい空間。真ん中に通っている線路のようなものは、昔トロッコで荷物を運んでいた跡なのだそう。

そして、いよいよ酒蔵見学です!今回は特別に山梨銘醸の北原さんにお話を伺いました。

お米は山梨県の「夢山水」や「ひとごこち」など、自社でつくったお米や契約農家からのお米にこだわって使っています。
仕込みにももちろん白州の水を使います。磨かれたお米に水をたっぷりすわせると、こんなに真っ白な状態に。

ここに麹菌をいれ、発酵させていきます。なんと、発酵中の様子もガラス窓越しに見せてもらえるんです!

昔ながらの製法はどうしても職人の勘に頼る部分もあったのだそう。

何が味わいに影響したのかが分かりやすいよう、温度・湿度までしっかり管理をするなど、再現性の高いお酒づくりをしたいという考えで、300年もの間 人から人へ受け継いできた技術と、現代の醸造技術を合わせながら、試行錯誤をしているというお話をお聞きしました。

失敗を恐れずに試してみること、それが最近実を結んできたと、楽しそうに熱くお話いただく姿を見て、ものづくりをするということについて私も考えさせられました。

最後に蔵の屋上から南アルプスの山々を見せてもらいました。天然水工場から見る景色とはまた違った山々の姿に感動です。

酒蔵見学は冬季限定なので、ご注意くださいね。

酒蔵の中が見学できないシーズンでも楽しみはいっぱい。
まずはこちら、麹を使ったドリンクなどを楽しめるカフェもあります♪蔵の中の趣のある空間でゆったりお楽しみいただけますよ。

糀糖という、米糀からつくられる自然由来の天然甘味料を使った健康的なドリンクは、種類も豊富。写真は桑の葉・ブルーベリー・プレーンです。

他にも麹をつかったスイーツなどもお楽しみいただけるので、町歩きのひと休みにもオススメです。

また山梨銘醸さんに行ったらぜひご覧いただきたいのが、明治天皇が宿泊されたという「行在所(あんざいしょ)」。1時間ごとに20分で見学ができるので、お時間がある方はぜひどうぞ。豪華なお部屋と貴重な資料を見ることができますよ。

写真は、「七賢」の名前の由来にもなっている「竹林の七賢人」を現した欄間。精巧な彫刻にうっとりしてしまいました。

そして、酒蔵見学の最後はやっぱり、きき酒。仕込みにも使う天然水も一緒にどうぞ。

いろいろなラベルを見て味を想像するだけでも楽しくなってしまいますね。「七賢」という堂々とした文字の隣には「白州の名水仕込」の文字。

1杯目は無料で試飲できて、2杯目以降は有料になっていますよ。

山梨銘醸のサイト
糀's(こうじいず)のサイト

◆最後に・・・
2014年に南アルプスが「ユネスコエコパーク」に登録されたことをきっかけに、2015年5月、北杜市は"世界に誇る「水の山」宣言"を発表しました。
北杜市が市民の方々や地元企業とこれまで以上に連携しながら名水の地・南アルプスを広くアピールすることで、地方創生・地域活性化を図るプロジェクトが、「水の山」プロジェクトです。

実は今回オススメした2軒も、サントリー食品インターナショナルとともに「水の山」プロジェクトを盛り上げるために協力しているパートナーシップ企業だったんです。

どちらの企業の方からも、ここの水があってこそおいしいお菓子や日本酒をつくることができるということをお聞きし、南アルプスの山々に育まれる水が昔から大切にされてきたことを実感しました。その水や豊かな自然を、次世代へのすばらしい贈り物として受け継いでいくことが、南アルプスへの恩返しになるのではないかと感じました。
これからも、北杜市や北杜市民の皆さん、パートナー企業の皆さんと協力しながら、南アルプスをさらに盛り上げていきたいと思います!

皆さんも、"世界に誇る「水の山」・南アルプス"へぜひ遊びに来てくださいね♪

今回のレポートは、まる がお届けしました。

▼今回一緒にツアーに参加いただいたブロガーの皆さん
・「エアロプレイン」(のりお様)
 サントリーが天然水の白州工場で目指す水と共生する未来とは?
・「honmania」(ほんまちゃん様)
 そうだ!水の山を巡る旅、南アルプスに行こう!

<関連リンク>
「サントリー天然水 南アルプス白州工場」のサイト
「サントリー天然水」のサイト
「金精軒」のサイト(外部サイトへリンクします)
「山梨銘醸」のサイト(外部サイトへリンクします)

まる

この記事を書いたのは…
まる


このページの先頭に戻る

イベント・キャンペーン

一覧ページへ

ソーシャルメディア

ブログスタッフのプロフィール

まる まる

入社から広報部。サントリーレシピサイト「レシピッタ」も担当。

趣味は、好きな街を散歩。カメラを買って写真も練習中。

秋田出身、学生時代は仙台。東京に来て、おいしいお店が多く、制覇しきれません。


まよら~ まよら~

入社から広報部。「サントリー公式Twitter」も担当。

趣味は、映画鑑賞。海外ドラマにハマっています♪

アクティブに動くのも、のんびりするのも好きです。楽しいブログをお届けします!


サントリー公式ブログ

オススメコンテンツ