SUNTORY SUNTORY公式ブログ

RSSフィード

サントリートピックス

サントリー広報部員が取材し、”サントリーの今”や”こぼれ話”をレポートするサントリー公式ブログです。

"風香るハイボール"で味わって♪サントリーウイスキー「知多」登場!

9月1日、11年ぶりの新ブランドとなるサントリーウイスキー「知多」が新発売となりました。

伊勢湾を臨む、愛知県知多半島・知多蒸溜所でつくられるグレーン原酒のみで構成される「知多」。その魅力とおすすめの飲み方、合う料理などをご紹介します!

■どんなウイスキー?

サントリーウイスキー「知多」は、トウモロコシなどの穀物を主原料とし、連続式蒸溜機と呼ばれる設備で蒸溜する「グレーンウイスキー」です。グレーンウイスキーは、ブレンデッドウイスキーにおいて、モルトウイスキーの個性を引き立て、味わいのベースとなる重要な役割を果たしているウイスキー。その穏やかな性格から「サイレント・スピリット」とも呼ばれています。

「知多蒸溜所」でのグレーン原酒の多彩なつくり分けは、世界でも類を見ない品質を誇ります。そのこだわりが、これまでサントリーのブレンデッドウイスキーの繊細な香味を生み出してきました。サントリーウイスキー「知多」は、そんなグレーン原酒のみで構成されています。様々な樽で熟成させた原酒をブレンダーの匠の技でブレンドすることで、生み出されているんですよ。

■その味わいは?

そんなサントリーウイスキー「知多」を味わおうと、六本木ヒルズ(東京)で9月10日(木)~9月27日(日)の期間限定で行われていた「知多 風香るラウンジ」に行ってきました!

まずは、「知多」を冷えたソーダで割った、「知多 風香るハイボール」でかんぱ~い!

軽やかな「知多」の魅力は、ハイボールで花開きます。知多1に対してソーダ3.5で割るのがおすすめ。軽やかな味わいとほのかに甘い香りが愉しめますよ。

美味しい「知多 風香るハイボール」のつくり方

ラウンジでは他にも、「知多 風香るハイボール(すだち添え)」「知多 風香るハイボール(山椒)」「知多 風香るハイボール(きんもくせい)」が愉しめました。

どれも爽やかな味わいで、「知多」本来の香りを邪魔しない、ふわりとした香りが心地良いです。「知多 風香るハイボール(山椒)」は、「知多 風香るハイボール」に、山椒の実を漬け込んだ「知多」をふきかけたもの。山椒だけに、鰻などとの相性が良さそうです♪

■食事との相性は?

軽やかで甘い香りが特長の「知多」は、幅広い料理との相性が良いですが、特に繊細な味わいの和食と一緒に愉しむのがおすすめです。「知多 風香るラウンジ」では、「知多 風香るハイボールと酒肴3品セット」をいただきました。

◆酒肴3品(写真左手前から反時計回りに)
・卵黄「知多」と醤油漬け
・鴨ロース 有馬煮からし蜂蜜
・生湯葉のミモレット和え

どれも繊細な味わいで、「知多」と一緒に愉しむと、互いの旨味を引き立てあいます。肉じゃがや豆腐を使った料理などの家庭料理との相性も良いので、ご自宅で愉しむ際には、ぜひさっぱりとしたお料理とあわせてみてくださいね。

風のように軽やかな「知多」。やさしい香りとほのかな甘みを、ぜひ和食と合わせて愉しんでみてくださいね。
今回は、まよら~がお届けしました。

■関連リンク
サントリーウイスキー「知多」のブランドサイト
サントリーウイスキー「知多」新発売― サントリーのウイスキーづくりの弛まぬ研鑽から生まれた新ブランドが登場 ―(ニュースリリース)



まよら~

この記事を書いたのは…
まよら~


このページの先頭に戻る

イベント・キャンペーン

一覧ページへ

ソーシャルメディア

ブログスタッフのプロフィール

まる まる

入社から広報部。サントリーレシピサイト「レシピッタ」も担当。

趣味は、好きな街を散歩。カメラを買って写真も練習中。

秋田出身、学生時代は仙台。東京に来て、おいしいお店が多く、制覇しきれません。


まよら~ まよら~

入社から広報部。「サントリー公式Twitter」も担当。

趣味は、映画鑑賞。海外ドラマにハマっています♪

アクティブに動くのも、のんびりするのも好きです。楽しいブログをお届けします!


サントリー公式ブログ

オススメコンテンツ