SUNTORY SUNTORY公式ブログ

RSSフィード

サントリートピックス

サントリー広報部員が取材し、”サントリーの今”や”こぼれ話”をレポートするサントリー公式ブログです。

【体験レポ・続報】サントリーホールで芸術の秋の幕開けを楽しんできました♪

サントリーホールで音楽シーズンの幕開けを記念して行われた秋のお祭りコンサート「サントリーホール フェスティバル2014 オープニング・フェスタ~That's オーケストラ!~」を楽しんできました♪

141016華やかな装飾

楽しくて華やかな大人の社交場・・・憧れを胸に、足を踏み入れたサントリーホールでのコンサートの模様をレポートします!


サントリーホールの入り口はいつもより豪華な飾りつけ。レッドカーペッドの上を歩いてホールに入ります。
141016レッドカーペット

私たちも、非日常感をたっぷり味わいながら、コンサートの開演を待ちます。
開演までの時間には、ミニ・ダンスSHOWや、バーコーナーでのひと時を楽しめます。開演までの時間の様子はこちらをご覧ください。
リンク:【速報レポ】「サントリーホール オープニング・フェスタ2014」ブロガーイベント

そして、いよいよ開演♪プログラムは3部構成で、親しみのある音楽を中心に、楽しい演出を交えた楽曲が揃います。司会は昨年に引き続き、高嶋政宏さんです。

■第1部~ウインド・オーケストラとオルガンの音宇宙~
第1部では、オープニングのファンファーレを披露した「海上自衛隊東京音楽隊」の方が出演。華やかなファンファーレから始まり、オルガンや、歌とのコラボレーションがみどころ。

ちなみに、ウインド・オーケストラとは"吹奏楽"のこと。弦楽器も多く登場するオーケストラとは、一味違った響きの楽しみがあります。4曲目の「組曲『惑星』から『木星』」の金管楽器のかっこよさと、壮大な響きには鳥肌が立つほど感動しました!


■休憩
第1部があっという間に過ぎて、休憩の時間。バーコーナーの「インテルメッツォ」は"間奏曲"という意味で、まさに休憩のひとときにぴったりなネーミングです。
141016サントリーホールバーコーナー
「ザ・プレミアム・モルツ」はもちろん、シャンパンや、ウイスキー、ワインやソフトドリンク、軽食など、ゆっくり休憩を楽しんで頂けるような、おもてなしのドリンクが並びます。そのドリンクにもサントリーホールのこだわりが。
141016サントリーホールバーコーナープレモル
たとえば、赤ワイン・白ワインは冷たすぎて演奏中に咳が出てしまわないように温度調整されていますし、コーヒーも苦すぎたり熱すぎたりしないことで、限られた休憩時間にすっと味わえるようになっているんですよ。

ちょっとした気遣いによって、快適にコンサートが楽しめるようになっているんですね。


■第2部~輝けるソリスト達~
第2部にはソプラノ、テノール、ヴァイオリン、フルート、オルガンなどのソリスト達が登場。世界を舞台に活躍するソリスト達が続々と登場する豪華なステージでした。オーケストラは東京交響楽団です。

中でも楽しかったのはソプラノの天羽明惠さんの歌声と演出。歌いながらヴァイオリン奏者や指揮者のジョン・アクセルロッドさんと戯れる天真爛漫な様子に、客席からも思わず笑いが起こるほど。観客も一体となって舞台の雰囲気ができるんだなぁと身をもって体験しました。

素晴らしいソリストの方々の、それぞれの個性豊かなステージに、クラシックコンサート初心者の私も、まったく飽きることはありませんでした。


■第3部~スクリーンを彩るオーケストラの名曲選~
第3部は映画音楽の名曲を披露。どんな場面で使われていた曲か、司会の高嶋さんが丁寧に説明してくれたこともあり、それぞれの曲を聴きながら、いろんな世界を旅しているような感覚になれました。

今年は映画『ゴジラ』公開60周年ということもあり、「SFファンタジー第1番から〈ゴジラのテーマ〉」が演奏されました。プログラムに〈ゴジラのテーマ〉を見つけたときには、少し驚きましたが、オーケストラの生演奏と、情景がありありと思い浮かぶような曲調が、想像以上に迫力のある一曲でした。

そして、最後にはサントリーホールらしく"乾杯"をしよう!ということで、「乾杯の歌」を全員で合唱。第3部が始まる前の休憩時間には練習の時間もありました。
141016乾杯の歌の練習「乾杯の歌」、まさにお祭りコンサートの夜の締めくくりにぴったりの歌詞でしたよ。

♪乾杯!素晴らしい夜を 酒と歌で飾って♪

自分でも歌ってみると、ソプラノやテノールの方のマイクなしの声量にびっくり!あれだけホールに声を響き渡らせることができたら楽しいだろうなと思っていたのですが、一緒に歌うだけで、その臨場感を感じることができて、とてもいい体験になりました。

最後にはベストスタイル賞の方もステージに登場して華やかなフィナーレとなりました♪
141016フィナーレ

私は、クラシックコンサートはほぼ初めてだったのですが、初心者も楽しめるようなステージ構成で、生の音楽に触れる楽しみを感じられる素晴らしい時間に感動しました。
普段からクラシックコンサートをお楽しみの方はもちろん、今まで一度もクラシックコンサートに足を運んだことがないという方も、ぜひサントリーホールのコンサートをおすすめしたいです!

最後に速報でもご紹介しているサントリー総支配人・福本からのレクチャーの中で印象に残っている一言をご紹介します。
「コンサートへでかけるのは旅にでるのに似ている」
チケットを購入したときから、何を着ていこう、コンサートの前後はどこへ出かけよう・・・楽しみがどんどん膨らみます。そして帰ってからもコンサートで聞いた音楽に親しみを持ったり、クラシック音楽をちょっと身近に感じたり、そんな変化を楽しめるのもよいところだなぁと改めて感じました。


ぜひ皆さんも普段のお出かけの選択肢に「ちょっとおしゃれをして行く、クラシックコンサート」を加えてみてくださいね。


■番外編~サントリーホール お酒にまつわるトリビア~
サントリーホールには、お酒のエッセンスがちりばめられているのをご存知でしたか?ぜひお出かけの際にはこちらにも注目してみてくださいね♪

"シャンパンの泡"をイメージした大ホール ステージの照明
141016シャンパンの泡をイメージした照明

*2階の手すりの下は、ビール・ウイスキーの原料ともなっている"麦の穂"をイメージ
141016麦の穂をイメージした手すり

*ホールのヴィンヤード形式にちなんで、ぶどうの房デザインしたワインレッドの座席
141016ぶどうをイメージした座席

*ホール 壁面の内装材にはウイスキーの貯蔵樽に使われるホワイトオーク材
141016ホワイトオークを使った反響版
また、お酒にまつわるトリビアではありませんが、1階ホワイエの床の大理石にハートが浮かびあがっているところがあるんですよ!
141016大理石に浮かぶハート
次にいらっしゃることがあれば探してみてくださいね。今回は、まる がお届けしました。

♪みなさんのブログはこちらから♪


■関連リンク
・サントリーホールのサイト
・「サントリーホール フェスティバル2014 オープニング・フェスタ」(ニュースリリース)
まる

この記事を書いたのは…
まる


1件のトラックバックをいただいています

そんな毎日、こんな毎日

2014年10月21日 16:11

芸術の秋を堪能♪サントリーホールオープニングフェスタ

サントリーホールで開催されましたサントリーホールフェスティバル2014 オープニングフェスタにお招きいただきましたー♪サントリーさま、ありがとうございまっ......

このページの先頭に戻る

イベント・キャンペーン

一覧ページへ

ソーシャルメディア

ブログスタッフのプロフィール

まる まる

入社から広報部。サントリーレシピサイト「レシピッタ」も担当。

趣味は、好きな街を散歩。カメラを買って写真も練習中。

秋田出身、学生時代は仙台。東京に来て、おいしいお店が多く、制覇しきれません。


まよら~ まよら~

入社から広報部。「サントリー公式Twitter」も担当。

趣味は、映画鑑賞。海外ドラマにハマっています♪

アクティブに動くのも、のんびりするのも好きです。楽しいブログをお届けします!


サントリー公式ブログ

オススメコンテンツ