SUNTORY SUNTORY公式ブログ

RSSフィード

サントリートピックス

サントリー広報部員が取材し、”サントリーの今”や”こぼれ話”をレポートするサントリー公式ブログです。

取材レポ「耀きの静と動 ボヘミアン・グラス」展(サントリー美術館・六本木)お出かけにおすすめです!

サントリー美術館では、2014年8月2日(土)~9月28日(日)まで、「プラハ国立美術工芸博物館所蔵 耀きの静と動 ボヘミアン・グラス」展を開催中です。
140807ボヘミアングラスカラフル4
※写真手前の作品は<善きサマリア人文蓋付ゴブレット>1858年頃、カルル・プフォール(エングレーヴィング)/ハラフ・ガラス工場、クルコノシェ山脈ノヴィー・スヴェット[ノイヴェルト](ガラスとカット)


サントピでも早速 取材に行ってきました!



今回の展覧会は、プラハ国立美術工芸博物館に収蔵されている作品170件をご紹介しています。
140807ボヘミアングラス展
「ボヘミアン・グラス」の魅力は、"カットとエングレーヴィング"によってもたらされる、水晶のような耀きです。展覧会の入り口には、ポスターにも登場した作品が、堂々と展示されています。

140807ボヘミアングラス入り口
※写真右の作品は<コロウラット家紋章文蓋付ゴブレット>1720年頃、ボヘミア

"カットとエングレーヴィング"という技法が使われるようになったのは、ボヘミア(現在のチェコ・プラハ)周辺でつくられていたガラスの性質が硬いものだったからこそ。
140807ボヘミアングラス
※写真右の作品は<ゴブレット>1680年頃、南ボヘミア

それは、同じくヨーロッパを魅了したガラス「ヴェネチアン・グラス」とは異なる技法でした。
「ヴェネチアン・グラス」は、ガラスを曲げたり伸ばしたり、繊細優美で伸びやかな加工が特長のガラス。同じヨーロッパでも2つの違う魅力をもつガラスが、ガラスの性質によって違う雰囲気になるのだと思うと、とても興味深いですね。

以前サントリー美術館でも展覧会を行っていたときの模様はこちら。

クラウンステム
※写真の作品は〈クラウンステム・ゴブレット〉1875-80年頃、イタリア

ボヘミアン・グラスは進化を見せ、1960年代ごろからは、色の付いたガラスも生産されるようになりました。コバルトやルビー色、ライトブルーや不透明な乳白色のガラスなど、色とりどりのガラスを見ているだけで涼やかな気分になります。
140807ボヘミアングラスカラフル
※写真手前から3つ目の作品は<脚付鉢>1680年頃、ブクオイ・ガラス工場、南ボヘミア・ノヴェー・フラディ
140807ボヘミアングラスカラフル2
※写真手前の作品は<蓋付ゴブレット>17世紀末、ヤノシュコーヴァ・フッチ[ヘルムバッハ]・西ボヘミア・ヴィンベルク[ヴィンターベルク]近郊 

さらに時代がすすむと、まるで陶器のようなガラスも生産されるようになりました。手前に見えるのは、香水瓶なんですよ。
140807ボヘミアングラスカラフル香水瓶
※写真手前の作品は<香水瓶>1835-40年、フリードリッヒ・エーゲルマンの工房(絵付および他の装飾)/ハラフ・ガラス工場、ルコノシェ山脈ノヴィー・スヴェット[ノイヴェルト](ガラス)

可愛らしく、きらびやかな模様が施されていて、見ていて飽きないガラスの数々。
140807ボヘミアングラス模様
※写真左から2つ目は<ゴブレット形砂糖鉢>1857年、ハラフ・ガラス工場、クルコノシェ山脈ノヴィー・スヴェット[ノイヴェルト]

140807ボヘミアングラス模様2
※作品左から2つ目は<花器>1880年頃、カメニツキー・シェノフ [シュタインシェナウ]

展示室を下の階に移動すると、20世紀前半・現代の展示へ。ボヘミアン・グラスの作風もバリエーション豊かになっていきます。
140807ボヘミアングラス20世紀前半
ガラスの様々な可能性を感じさせる作品が並び、ひとつひとつの作品に見どころたっぷり。
140807ボヘミアングラス20世紀前半2
※写真の作品は<花器>1902年、ヨハン・レッツ・ヴィドフ[ヴィトヴェ]ガラス工場、ラーシュテルスキー・ムーリン[クロスターミューレ](製作)

140807ボヘミアングラス現代
※写真一番手前の作品は<ハート・チャクラ>2007年、パヴェル・トルンカ

最初から最後まで、時代によって変化するガラスの表情を、思う存分お楽しみいただけますよ。

涼を感じたり、情熱を感じたり、可愛らしさを感じたり、時にはユーモアを感じたり...多彩な表情を見せるボヘミアン・グラスのなかで、ぜひお気に入りの一品を見つけてくださいね!

今回は、まる がお届けしました。

関連リンク

まる

この記事を書いたのは…
まる


このページの先頭に戻る

イベント・キャンペーン

一覧ページへ

ソーシャルメディア

ブログスタッフのプロフィール

まる まる

入社から広報部。サントリーレシピサイト「レシピッタ」も担当。

趣味は、好きな街を散歩。カメラを買って写真も練習中。

秋田出身、学生時代は仙台。東京に来て、おいしいお店が多く、制覇しきれません。


まよら~ まよら~

入社から広報部。「サントリー公式Twitter」も担当。

趣味は、映画鑑賞。海外ドラマにハマっています♪

アクティブに動くのも、のんびりするのも好きです。楽しいブログをお届けします!


サントリー公式ブログ

オススメコンテンツ