SUNTORY SUNTORY公式ブログ

RSSフィード

サントリートピックス

サントリー広報部員が取材し、”サントリーの今”や”こぼれ話”をレポートするサントリー公式ブログです。

見どころ満載!「IMARI/伊万里 ヨーロッパの宮殿を飾った日本磁器」展(サントリー美術館)

東京・六本木のサントリー美術館では、2014年1月25日(土)~3月16日(日)まで、「IMARI/伊万里 ヨーロッパの宮殿を飾った日本磁器」展を開催しています。
140128伊万里展リンク:「IMARI/伊万里 ヨーロッパの宮殿を飾った日本磁器」展 おとくな割引クーポン(100円引き)ダウンロード

今回の展覧会では、日本初公開となる大阪市立東洋陶磁美術館所蔵の輸出伊万里を中心に約190作品をご紹介。世界で愛された「IMARI」のさまざまな様式を、歴史の移ろいに沿って たどります。

1.伊万里、世界へ 1660~1670年代
ヨーロッパへ運ばれた最初の磁器は、中国のものでした。その後、中国の磁器輸出が激減。
それに代わるものとして、「伊万里」がヨーロッパなどへ輸出されるようになりました。

そのため、当時輸出された伊万里には、景徳鎮磁器を見本としたものが多かったのだそう。
140128芙蓉手皿写しそして徐々に、日本ならではの模様が描かれるようになりました。大根やひょうたんなど、日本でおなじみの絵柄が描かれたお皿もありましたよ。
140128日本のモチーフ
2. 世界を魅了したIMARI 1670~1690年代
伊万里のヨーロッパ輸出の最盛期の作品を見ることができます。
温かみのある乳白色の白磁「乳白手(にごしで)」に繊細な色絵が特長の「柿右衛門様式」。
140128柿右衛門様式赤や緑、黄色など、青以外の色も使われるようになり、模様も日本らしいものに変化してきました。
140128柿右衛門様式_2この様式はヨーロッパでも好評で、ヨーロッパ各地の窯が倣製品をつくったのだとか。

また、ヨーロッパ王侯貴族が、室内装飾用として、盛んに伊万里を収集したのもこの頃。
こんな風に貴族の部屋に飾られていたのかもしれませんね。
140128ヨーロッパへの輸出最盛期3. ヨーロッパ王侯貴族の愛した絢爛豪華 1690~1730年代
その後、柿右衛門様式に代わって新たに登場したのが、「金襴手(きんらんで)様式」です。
金の模様が華やかなのがこの様式の特長。
140128金襴手様式_1
この絢爛豪華な伊万里が、ヨーロッパの宮殿や邸宅を彩りました。
主に室内の装飾用だったので、中には高さ90cmを超える製品も!迫力満点ですよ。
140128金襴手様式_2
このような豪華絢爛な伊万里を、鏡の前に飾ってさらに豪華に見せたのだというから、ヨーロッパの貴族はすごい!それを模して、鏡の前に展示している作品もご覧いただけますよ。
140128金襴手様式_3

*小コーナー IMARIとデルフト
各国で模倣品が生み出された伊万里。オランダのデルフト窯の作品をご紹介しています。
140128デルフト東洋の雰囲気をだそうとしつつ、やはり色使いや絵柄には、その国の趣がでますね。

4. 輸出時代の終焉 1730~1750年代
最後は伊万里の人気が終焉するまでの作品。
140128伊万里終焉
この頃には中国の景徳鎮が再度隆盛し、景徳鎮と伊万里が同じような作品をつくることも。同じような絵柄のお皿が比較されていました。(右が伊万里、左が景徳鎮)
140128伊万里と景徳鎮の比較

全191作品の伊万里は見ごたえ十分。
職人は、どんなことを考えながらその絵柄を描いたのだろう、と当時に思いを馳せてみたり、このお皿はすごくかわいい、と自分の好みを見つけたり・・・。「伊万里」という名は有名ですが、とても身近に「伊万里」を感じることができますよ。

ぜひ一人でも多くの方にご来場いただき、それぞれに息づく"伊万里の魅力"を、存分に味わっていただきたいです!ぜひご来場くださいね。

今回のレポートは、まる がお届けしました。

関連リンク
サントリー美術館ホームページ
「IMARI/伊万里 ヨーロッパの宮殿を飾った日本磁器」展のサイト
「IMARI/伊万里 ヨーロッパの宮殿を飾った日本磁器」展の展示構成
サントリー美術館 ショップ&カフェ おすすめ情報
サントリー美術館「IMARI/伊万里 ヨーロッパの宮殿を飾った日本磁器」展 開催(ニュースリリース)


まる

この記事を書いたのは…
まる


このページの先頭に戻る

イベント・キャンペーン

一覧ページへ

ソーシャルメディア

ブログスタッフのプロフィール

まる まる

入社から広報部。サントリーレシピサイト「レシピッタ」も担当。

趣味は、好きな街を散歩。カメラを買って写真も練習中。

秋田出身、学生時代は仙台。東京に来て、おいしいお店が多く、制覇しきれません。


まよら~ まよら~

入社から広報部。「サントリー公式Twitter」も担当。

趣味は、映画鑑賞。海外ドラマにハマっています♪

アクティブに動くのも、のんびりするのも好きです。楽しいブログをお届けします!


サントリー公式ブログ

オススメコンテンツ