SUNTORY SUNTORY公式ブログ

RSSフィード

サントリートピックス

サントリー広報部員が取材し、”サントリーの今”や”こぼれ話”をレポートするサントリー公式ブログです。

サントリー美術館 「天上の舞 飛天の美」展☆ 天人が舞い踊る華麗な世界

東京・六本木のサントリー美術館では、11月23日~2014年1月13日まで、「平等院鳳凰堂平成修理完成記念 天上の舞 飛天の美」展を開催しています。
131125飛天オープン前日、特別に中を取材してきました!

空を飛び、舞い踊る天人「飛天(ひてん)」。
その優美な姿は、古来から浄土世界の表現として、インドから中央アジア、日本にわたって寺院の壁や柱などに表されてきました。

「飛天」は現代においても、美術作品のモチーフの一つとして描かれ続けており、いかに人々がその姿に魅了されてきたかを物語っています。
この展覧会では、地域・時代を超えて展開 した飛天の姿を、彫刻・絵画・工芸の作品によってたどっていきます。
131125飛天仏中でも注目いただきたいのは、現在修理中の、京都「平等院鳳凰堂」の修理落慶に先立って特別公開する名品の数々です。国宝をはじめ、鳳凰堂内に溢れる天人たちを一挙に展示します!

☆おすすめの展示☆
■寺外初公開! 国宝《阿弥陀如来坐像光背飛天》
鳳凰堂本尊阿弥陀如来坐像の光背に付く飛天たち。今後、ここまで近くで見ることは叶わないでしょう。繊細な体の線や表情は必見です。
131125飛天阿弥陀如来坐像光背飛天
131125飛天阿弥陀如来坐像光背飛天アップ■楽器を奏で舞う菩薩たち♪ 国宝《雲中供養菩薩像》
通常は鳳凰堂内の四方の壁に懸けられているため、見上げることしかできない菩薩たちを、間近で見ることができます。展示されている14軀それぞれの、表情や作風の違いに見入ってしまいますよ。
131125飛天雲中供養菩薩像アップ
131125雲中供養菩薩像全体■実際に触れられる! 《雲中供養菩薩像》の模刻像
なんと実際に像に触れて、「結縁(けちえん)」(=仏と縁を結ぶ行為)をしていただくことができます。
131125飛天けちえんの様子鳳凰堂が修理完成した後は、皆さんが触れた像が堂内に奉納されることになります。私も一礼の後、そっと触れさせていただきました。何だか心がほっと落ち着きました。
131125飛天けちえん実演
堂内のきらびやかな荘厳具類とともに、屈指の名品を間近にご覧いただける貴重な機会です。
天人が舞い踊る華麗な世界・・・☆ぜひご堪能ください!

▼関連リンク
サントリー美術館ホームページ
「平等院鳳凰堂平成修理完成記念 天上の舞 飛天の美」展のサイト
「天上の舞 飛天の美」展示構成はこちら
サントリー美術館 ショップ&カフェ おすすめ情報
「平等院鳳凰堂平成修理完成記念 天上の舞 飛天の美」展 開催(ニュースリリース)

今回はともがお届けしました。

とも

この記事を書いたのは…
とも


このページの先頭に戻る

イベント・キャンペーン

一覧ページへ

ソーシャルメディア

ブログスタッフのプロフィール

まる まる

入社から広報部。サントリーレシピサイト「レシピッタ」も担当。

趣味は、好きな街を散歩。カメラを買って写真も練習中。

秋田出身、学生時代は仙台。東京に来て、おいしいお店が多く、制覇しきれません。


まよら~ まよら~

入社から広報部。「サントリー公式Twitter」も担当。

趣味は、映画鑑賞。海外ドラマにハマっています♪

アクティブに動くのも、のんびりするのも好きです。楽しいブログをお届けします!


サントリー公式ブログ

オススメコンテンツ