SUNTORY SUNTORY公式ブログ

RSSフィード

サントリートピックス

サントリー広報部員が取材し、”サントリーの今”や”こぼれ話”をレポートするサントリー公式ブログです。

サントリー「天然水の森」東京大学と協定締結!水源涵養面積7,000haの目標に到達

サントリーの商品は水や自然の恵みに支えられています。
特に「水」は、おいしい、安全な商品づくりには欠かせないものです。
また、その「水」がいつまでも十分な量で、次の世代に受け継いでいくことがサントリーの使命だと思っています。

そこで、サントリーは豊かな水を育む森を守り、育てる活動を続けてきました。
それがサントリー「天然水の森」という活動です。

天然水の森(※写真は「天然水の森 奥大山」にある本谷川)



目標は、「森が育む地下水の量>工場で使用する地下水の量」。
この目標を達成するために、2011年末までに水源涵養面積を7,000haまで拡大することを目指してきました。

7,000haと言われても、あまりピンとこないと思いますが、
東京でいえば、山手線の内側以上、
大阪でいえば、環状線内の面積の約2倍という広大な面積です!

そして、今回新たに協定を締結したのが、東京大学が所有する秩父演習林。
秩父演習林
地図
武蔵野ビール工場やサントリー食品工業(株)多摩川工場の水源地である、広大な関東山地。そのなかにあるのが秩父演習林です。

この協定締結をもって中期目標としていた7,000haに到達し、サントリー「天然水の森」の総面積は約7,141haになりました。

次は、この広大な森をより水源涵養力の高い森に育てていくことが私たちの使命です。


協定締結式では、サントリーホールディングス(株)執行役員の上田からも挨拶があり、
「サントリーは良質な水に支えられている。
工場では可能な限りの節水をし、大切に商品にし、国の基準以上の水質にして自然にかえしている。
水源の涵養面積もやっと中期目標に達したが、これからが本番。この広大な森を、さらに涵養力に富んだ森に育てていくことが私たちの使命。
この活動に深い理解をいただき、ご協力をいただいた東京大学さまにも深く感謝します。」
と今後の活動に対しての意気込みが伝えられました。

協定締結.JPG

無事に協定が結ばれ、がっちり握手が交わされました!


ちなみに、今回の協定締結式は東京大学の農学部で行われたのですが、
秩父演習林の他にもたくさんの演習林をもつ東京大学の農学部、いたるところで、姿をかえた演習林の木に出会えました。

農学部農学部3号館の入り口にあった看板や、とても立派で大きい一枚板のベンチも演習林で育った木だそう。

また、協定式が行なわれた部屋のなかでも、北海道の演習林で育った木が利用されていましたよ。
部屋の中の木
間伐された木を有効に利用することも私たちの大切な取組みのひとつです。


これからは、森林が抱える問題の解決に向けて研究・教育を進めている東京大学と、天然水の水源涵養活動を積極的に進めているサントリーが、お互いに協力しあいながら、水源涵養力の高い森づくりを、息ながく続けていきます。

今回は、まる がお届けしました。


関連リンク
東京大学と森林整備・研究助成に関する協定を締結(リリース)


まる

この記事を書いたのは…
まる

  • 2011年07月28日
  • カテゴリー [ 環境 ]

このページの先頭に戻る

イベント・キャンペーン

一覧ページへ

ソーシャルメディア

ブログスタッフのプロフィール

まる まる

入社から広報部。サントリーレシピサイト「レシピッタ」も担当。

趣味は、好きな街を散歩。カメラを買って写真も練習中。

秋田出身、学生時代は仙台。東京に来て、おいしいお店が多く、制覇しきれません。


まよら~ まよら~

入社から広報部。「サントリー公式Twitter」も担当。

趣味は、映画鑑賞。海外ドラマにハマっています♪

アクティブに動くのも、のんびりするのも好きです。楽しいブログをお届けします!


サントリー公式ブログ

オススメコンテンツ