SUNTORY SUNTORY公式ブログ

RSSフィード

サントリートピックス

サントリー広報部員が取材し、”サントリーの今”や”こぼれ話”をレポートするサントリー公式ブログです。

「三ヶ日みかんハイボール」が飲めるお店「駿河もつ鍋 地魚 おかだ」(静岡)

前回、ご紹介した静岡県のご当地ハイボール「三ヶ日みかんハイボール」。
リンク:静岡県のご当地ハイボール「三ヶ日みかんハイボール」とは?
110610三ヶ日みかんハイボール
三ヶ日みかんの濃い味わいとスッキリした甘みを楽しみながら、柑橘のほどよい酸味がハイボールの爽快感を引き立て、食中酒としてお食事との相性も抜群のハイボールです。

今回は、静岡の「三ヶ日みかんハイボール」飲めるお店をご紹介します!
 
訪れたお店は、静岡駅南口からおよそ徒歩3分、「駿河もつ鍋 地魚 おかだ」。
「三ケ日みかんハイボール」と一緒に、静岡の旬の味わいやご当地料理、また「おかだ」ご自慢のメニューをいただいてきました。
110610おかだ
最初は、もちろん、「三ケ日みかんハイボール」で乾杯!
とても濃く鮮やかなみかん色のイメージから、飲む前はても甘いハイボールなのでは・・・とか、お食事に合うのかな・・・など考えていたのですが、一口飲んで、そのスッキリした後味に驚きました。
110609三ヶ日みかん角ハイボール
お料理も、そんな「三ケ日みかんハイボール」に合わせて。
まずは、"静岡を訪れたのであればぜひ"と、おすすめいただいた「生しらす」。
駿河湾近辺ならではの旬の味わいです。
110610生しらす
続いて、こちらも駿河湾の味わい「桜えびのかき揚げ」。
サクサクとした歯ざわりがよく、シンプルにお塩でいただくことで、桜えびの味わいが引き立ちます。
もともと、ハイボールと揚げ物の相性はよいですが、三ヶ日みかんの味わいが、桜えびの旨みに爽やかな後味をプラスします。
110610桜えびの天ぷら
静岡名物と言われて、真っ先に頭に浮かんだのは「黒はんぺん」でした。
「河忠さんの黒はんべ焼」というメニュー名のとおり、静岡の地元で愛されているはんぺん屋「河忠商店」の黒はんぺんを味わうことができます
110610黒はんぺん

〆には、「おかだ」ご自慢のメニューという「駿河もつ鍋」をいただきました。
桜えびと鶏ガラで出汁をとった味噌チゲベースのスープに、良質な牛もつと、野菜もたくさん入って、仕上げに、生の桜えびをさっと釜揚げにしていただきます。
110610もつ鍋
最後は、店長さんに手際よく仕上げていただいて、「駿河もつ鍋」の完成です!
110610三ヶ日ハイボールともつ鍋.JPG
早速、いただいてみると、桜えびの風味と、何種類もの味噌で合わせたコクのあるスープが、ぷりぷりの牛ホルモンに絡みます。
素材の旨みがギュッと詰まったコクのあるもつ鍋には「三ケ日みかんハイボール」の自然の甘みや柑橘の爽やかな味わいがよくマッチするのです!

そして、太陽をいっぱいに浴びた自然由来の三ヶ日みかんは、自然の恵みから生まれたウイスキーとも相性が良いのでしょうね。
「三ケ日みかんハイボール」のようなハイボールのご当地コラボレーション、もっと増えれば楽しいですし、各地の名産品を身近に感じられるきっかけになれば、とても嬉しく思います。


今回、ご紹介した「おかだ」の住所はこちら。
住所:静岡県静岡市駿河区南町4-6
TEL:054-281-5188

静岡県内の「三ヶ日みかんハイボール」が飲めるお店は、サントリーグルメガイドの「三ヶ日みかんハイボールが飲めるお店」で検索いだだけます。

今回のレポートは、メグがお届けしました。


メグ

この記事を書いたのは…
メグ


このページの先頭に戻る

イベント・キャンペーン

一覧ページへ

ソーシャルメディア

ブログスタッフのプロフィール

まる まる

入社から広報部。サントリーレシピサイト「レシピッタ」も担当。

趣味は、好きな街を散歩。カメラを買って写真も練習中。

秋田出身、学生時代は仙台。東京に来て、おいしいお店が多く、制覇しきれません。


まよら~ まよら~

入社から広報部。「サントリー公式Twitter」も担当。

趣味は、映画鑑賞。海外ドラマにハマっています♪

アクティブに動くのも、のんびりするのも好きです。楽しいブログをお届けします!


サントリー公式ブログ

オススメコンテンツ