SUNTORY SUNTORY公式ブログ

RSSフィード

サントリートピックス

サントリー広報部員が取材し、”サントリーの今”や”こぼれ話”をレポートするサントリー公式ブログです。

糖類ゼロのサントリーチューハイ「-196℃ ゼロドライ」 リニューアルして本日発売します

サントリーチューハイ「-196℃ ゼロドライ」の中味・パッケージをリニューアルし、本日1月18日から〈凍結レモン〉〈凍結グレープフルーツ〉〈凍結ウメ〉〈凍結オレンジ〉の4種を新発売します。 110118ー196℃ゼロドライ新発売_4種4しっかりとした果実の味わいと"糖類ゼロ"を両立し、ご好評いただいている「-196℃ ゼロドライ」。今回のリニューアルでは、これまでの製法を進化させ、"果実のおいしさ"をさらに追求しています。

 

「-196℃ゼロドライ」のおいしさの秘密は、果実をまるごと使う"-196℃製法"にあります。

"-196℃製法"とは、-196℃で瞬間凍結した果実をパウダー状に微粉砕し、アルコールに浸漬してチューハイに仕上げる製法です。果汁だけを使う製法に比べて、本物の果実のような味わいをお楽しみいただけます。

さらに今回のリニューアルでは、この"-196℃製法"をさらに進化させました。従来のスピリッツから雑味を取り除いたクリアな「氷点ウォッカ」を使用することで、"果実まるごとのおいしさ"をいっそう引き立たせています。 110118ー196℃ゼロドライ新発売_裏面パッケージの裏面には、果実をまるごと使用する"-196℃製法"がイラスト入りでわかりやすく説明されています。 

 

実際に「-196℃ ゼロドライ〈凍結レモン〉」を飲んでみると、さわやかな香り、ほどよい酸味といった"レモンのおいしさ"が口の中に広がって、果実まるごとを使用する-196℃製法ならではの、本物のレモンを思わせる味わいを楽しむことができます。雑味のないクリアな「氷点ウォッカ」を使っていることで、より果実感が際立っているのを、実感することができました。

さらに"糖類ゼロ"なので、カロリーを気にしている人にも、うれしいですね。この機会にぜひ、新しくなった「-196℃ ゼロドライ」を味わってみてください。

 

新しい"-196℃製法"については、「-196℃」ウェブサイトにて、石原さとみさんが動画で楽しくご紹介しています。

リンク: 「-196℃」 ウェブサイト  

こちらもぜひ、チェックしてみてください。

 

また、2月1日からは、"アルコール8%で、果実の浸漬酒と果汁をダブルで使用した力強い味わい"と糖類ゼロ"が特徴の「-196℃ ストロングゼロ」も、リニューアルして新発売します。こちらも楽しみですね。

リンク: 「-196℃ ゼロドライ」「同 ストロングゼロ」リニューアル新発売 (ニュースリリース)

 

1月18日には、サントリートピックスで初のチューハイのイベントも実施します。こちらの様子も、後日レポートいたしますので、ご期待ください。
(※ 募集受付は終了いたしました。)

 

今回は、ナオゾーがお届けしました。

 

ナオゾー

この記事を書いたのは…
ナオゾー


このページの先頭に戻る

イベント・キャンペーン

一覧ページへ

ソーシャルメディア

ブログスタッフのプロフィール

まる まる

入社から広報部。サントリーレシピサイト「レシピッタ」も担当。

趣味は、好きな街を散歩。カメラを買って写真も練習中。

秋田出身、学生時代は仙台。東京に来て、おいしいお店が多く、制覇しきれません。


まよら~ まよら~

入社から広報部。「サントリー公式Twitter」も担当。

趣味は、映画鑑賞。海外ドラマにハマっています♪

アクティブに動くのも、のんびりするのも好きです。楽しいブログをお届けします!


サントリー公式ブログ

オススメコンテンツ