SUNTORY SUNTORY公式ブログ

RSSフィード

サントリートピックス

サントリー広報部員が取材し、”サントリーの今”や”こぼれ話”をレポートするサントリー公式ブログです。

サントリー美術館 「歌麿・写楽の仕掛け人 その名は蔦屋重三郎」展 開催

サントリー美術館では、昨日11月3日から「歌麿・写楽の仕掛け人 その名は蔦屋重三郎」展を開催しています(2010年12月19日まで)。 101102蔦屋重三郎展18世紀後半、安永・天明・寛政期の江戸には、浮世絵の喜多川歌麿・東洲斎写楽、戯作の山東京伝、狂歌の大田南畝(なんぽ)といった江戸文化を彩る花形スターが登場します。

このスターたちの作品を巧みに売り出し、江戸文化の最先端を演出・創造したのが、版元の「蔦重」こと蔦屋重三郎(つたやじゅうざぶろう)でした。

江戸吉原の人気ガイドブック『吉原細見』の独占出版、狂歌と浮世絵を合体させた豪華な狂歌絵本の刊行、当時の情勢を風刺した京伝らによる戯作の出版、歌麿の才能を存分に開花させた美人大首絵の発明、謎の絵師・写楽の"発見"など、次々と流行の最前線を創り出し、リードした人物です。

「歌麿・写楽の仕掛け人 その名は蔦屋重三郎」展では、この名プロデューサー「蔦重」の出版物を通して、多様な"江戸メディア文化"の華をご紹介します。

リンク: 「歌麿・写楽の仕掛け人 その名は蔦屋重三郎」展

101102蔦屋重三郎展「蔦重」は部数を稼ぐ出版物を手がけて経営の安定をはかる一方、南畝や朋誠堂喜三二(ほうせいどうきさんじ)、恋川春町など、売れっ子の狂歌師や戯作者の人気に乗じて自分の店の「ブランド化」をもくろみ、版元としての地位を確固たるものにしていきます。

さらに、新人発掘に力を注ぐ名伯楽でもあり、歌麿や写楽を始め、葛飾北斎や十返舎一九、曲亭馬琴など、無名時代に「蔦重」に才能を見出された逸材は少なくありません。

「蔦重」をめぐる江戸の文化人の人物相関図は、そのネットワークの広さを物語ります。101102蔦屋重三郎ネットワーク

「歌麿・写楽の仕掛け人 その名は蔦屋重三郎」展の展示構成は次のとおり。
※会期中、展示替えがあります。

第1章 蔦重とは何者か? ― 江戸文化の名プロデューサ―
第2章 蔦重を生んだ<吉原> ― 江戸文化の発信地
第3章 美人画の革命児・歌麿 ― 美人大首絵の誕生
第4章 写楽"発見" ― 江戸歌舞伎の世界

101102蔦屋重三郎展

歌麿の美人大首絵や写楽の役者絵などの展示からは、「蔦重」が江戸の人々に与え続けた新鮮な驚きが伝わってくるようです。

そして、3階第2展示室手前には、蔦屋重三郎が持っていた自分の店である「耕書堂」が再現され、高い天井からの大きなバナーが「蔦重」の世界観を創り上げます。

101102耕書堂再現「歌麿・写楽の仕掛け人 その名は蔦屋重三郎」展の開催期間中、様々なエデュケーション・プログラムが実施されますので、内容の詳細については、サントリー美術館のサイトをご覧ください。

リンク:「歌麿・写楽の仕掛け人 その名は蔦屋重三郎」展イベント

また、サントリー美術館では、Twitter(ツイッター)の公式アカウントを取得し、情報配信しています。
展覧会をはじめ、サントリー美術館の情報をいち早くチェックできますので、ご興味のある方は、ぜひフォローしてくださいね!

サントリー美術館のアカウントURL:http://twitter.com/sun_SMA/

 

ここ最近、秋晴れの日には、清々しい空気がサントリー美術館を包みます。

ぜひ、サントリー美術館にお越しいただき、「歌麿・写楽の仕掛け人 その名は蔦屋重三郎」展をとおして、素晴らしい才能とその才能を存分に開花させた"名プロデューサー"が創り出した"江戸メディア文化"の華を、お愉しみください。


今回のレポートはメグがお届けしました。

 

 

 

メグ

この記事を書いたのは…
メグ


このページの先頭に戻る

イベント・キャンペーン

一覧ページへ

ソーシャルメディア

ブログスタッフのプロフィール

まる まる

入社から広報部。サントリーレシピサイト「レシピッタ」も担当。

趣味は、好きな街を散歩。カメラを買って写真も練習中。

秋田出身、学生時代は仙台。東京に来て、おいしいお店が多く、制覇しきれません。


まよら~ まよら~

入社から広報部。「サントリー公式Twitter」も担当。

趣味は、映画鑑賞。海外ドラマにハマっています♪

アクティブに動くのも、のんびりするのも好きです。楽しいブログをお届けします!


サントリー公式ブログ

オススメコンテンツ