SUNTORY SUNTORY公式ブログ

RSSフィード

サントリートピックス

サントリー広報部員が取材し、”サントリーの今”や”こぼれ話”をレポートするサントリー公式ブログです。

「ジョルジュ デュブッフ」のボジョレー ヌーヴォー2009が日本に到着

2009年のボジョレー ヌーヴォーの解禁は、11月19日(木)午前0時です。昨日、成田空港と関西空港に、「ジョルジュ デュブッフ」のボジョレー ヌーヴォーの第一便が到着しました。

091104ボジョレー ヌーヴォー空港
(写真は、成田空港での取材の様子)


そして、フランスのボジョレーの帝王、名醸造家 ジョルジュ デュブッフ氏からは、作柄情報やワインの出来についての情報が届きました。

◆作柄について
今年は、葡萄の生長期から収穫期まで、葡萄にとって理想的な天候が続きました。収穫は、例年よりも早く8月27日(木)から始まり、「凝縮された小さな果実」「昼夜の気温差」などに恵まれ、今年のボジョレーは、見事な品質となりました。私たちは、ここ50年のうちで、もっともすばらしいヴィンテージのひとつだと信じています。おそらく、すばらしいヴィンテージだった1949年以来のすばらしい出来と言えるでしょう。

◆色や味わいについて
色は上品な赤紫色。カシスやブラックベリーの果実の香りが感じられます。味わいは、上質のタンニンがほどよく感じられ、しっかりとしていて、力強い厚みがあります。この色合い、香り、味わいはまれにしか達成することのできないすばらしいバランスだと思います。

ワインは、お食事とともにいただくのが、楽しいですよね。今から解禁日が楽しみです。

商品については、下記のリンクよりご覧いただけます。

リンク:ボジョレー ヌーヴォー2009 ラインナップ

サントリートピックスでは、旬の食とジョルジュ デュブッフのワインを楽しむ「ノベンバーフェスト」についてレポートする予定です。

今回は、グレイスがお伝えしました。

関連リンク
久保純子さんが2009年「ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーヴォー親善大使」に就任
ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーヴォーの公式サイト
ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーヴォー親善大使のサイト

グレイス

この記事を書いたのは…
グレイス

  • 2009年11月04日
  • カテゴリー [ ワイン ]

1件のトラックバックをいただいています

このページの先頭に戻る

イベント・キャンペーン

一覧ページへ

ソーシャルメディア

ブログスタッフのプロフィール

まる まる

入社から広報部。サントリーレシピサイト「レシピッタ」も担当。

趣味は、好きな街を散歩。カメラを買って写真も練習中。

秋田出身、学生時代は仙台。東京に来て、おいしいお店が多く、制覇しきれません。


まよら~ まよら~

入社から広報部。「サントリー公式Twitter」も担当。

趣味は、映画鑑賞。海外ドラマにハマっています♪

アクティブに動くのも、のんびりするのも好きです。楽しいブログをお届けします!


サントリー公式ブログ

オススメコンテンツ