SUNTORY SUNTORY公式ブログ

RSSフィード

サントリートピックス

サントリー広報部員が取材し、”サントリーの今”や”こぼれ話”をレポートするサントリー公式ブログです。

「サントリー ブルーローズ アプローズ(APPLAUSE)」新発売。世界初の「青いバラ」

世界で初めて青い色素を花弁にほぼ100%含む青いバラ「SUNTORY blue rose APPLAUSE(アプローズ)」を11月3日(祝)より発売します(販売地域限定)。

091021アプローズ

リンク:「SUNTORY blue rose APPLAUSE(アプローズ)」新発売(ニュースリリース)

今回は、サントリー「青いバラ」発売記者発表会のレポートです。

そもそも、なぜサントリーが「青いバラ」を開発することになったかというと、

・酒類の原料であるぶどうや大麦などの品種改良で培った技術を活かし、1980年代から花の研究開発を開始。
・青いバラは、「不可能の代名詞」とも言われ、花の開発者にとってはシンボリックな存在であったため、あえて目標に掲げ"挑戦"することとなった。
・1990年に植物のバイオベンチャー企業フロリジン社(現在は、サントリーグループ)と提携し、色素化合物の技術基盤を有するサントリーとともに、それぞれの強みを生かし研究を続ける。
・当時、存命であった会長の佐治敬三が、ウイスキーづくりを学んだスコットランドに恩返しをしたい、という想いもあり、イギリスの国花である「バラ」、しかもスコットランドのシンボルカラーである「青」のバラの実現へ向けての第一歩を踏み出すこととなった。

と、サントリーホールディングス(株)常務執行役員の辻村から説明がありました。加えて、

091021青いバラ想い

"私どもは、この「青いバラ」を、単にバラの高級品として販売するのではなく、夢・情熱・チャレンジ精神といったこの「青いバラ」に込められた想い、感動もあわせてお客様にぜひ感じとっていただきたいと考えております。"

と述べました。

続いて、サントリーホールディングス(株)植物科学研究所長の田中より、「青いバラ」の開発として、バラにおける花色素や、開発の歴史やプロセスについて説明がありました。

091021青いバラ開発

リンク:「青いバラ」開発の歴史
リンク:青色色素100%の実現(従来の青色系バラとの比較)

◆「青いバラ」開発の歴史
サントリーホールディングス(株)とフロリジン社は、1990年から共同研究を開始し、パンジーの青色遺伝子をバラに導入することで、2004年に「青いバラ」の開発に成功。2008年には、カルタヘナ法に基づく承認を得たうえで、生産・流通・販売体制を整え、2009年に研究開始から約20年の歳月をかけ販売に至りました。

続いて、サントリーフラワーズ(株)より、「青いバラ」の商品概要についての説明がありました。

◆ネーミング「サントリー ブルーローズ アプローズ」の由来
"アプローズ"とは、英語で「喝采」の意味。人生のさまざまな局面で、夢をかなえた人、夢にむかって挑戦する人を勇気づけ、拍手喝采を贈るという想いを込めて、「APPLAUSE(アプローズ)」と名づけられました。

◆花言葉は、"夢 かなう"
バラには、もともと青色色素"デルフィニジン"がないことから、「青いバラ」は"不可能の代名詞"とも言われていました。夢をあきらめずに挑戦し続ければ、きっと夢はかなうという想いがあり、花言葉は、"夢 かなう"となりました。

◆「サントリー ブルーローズ アプローズ」の特長
・従来にはない"青さ"
・華やかでみずみずしく上品な香り

会見では、青いバラの花びらを入れたケースが配られ、香りを実際に楽しむことができました。この香りは、バラの元品種に由来するものだそうです。本当にいい香りです。

091021花びら

開発者は、様々な種類の花の青色遺伝子を試し続け、10年以上たった頃、

"もう無理かもしれない。"

と思ったときに、彼の子どもたちから、折り紙でつくった一輪の青いバラを贈られ、  

"夢はきっとかなう。"

と、新たな気持ちで開発に取り組んだそうです。こうして、開発開始から20年、ようやく青いバラの発売となりました。

「サントリー ブルーローズ アプローズ」は、切花で1本2,000~3,000円程度(オープン価格)。当面は、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、京都府、愛知県での販売となります。

ちなみに、青(blue)は、童話「青い鳥」(1908年 メーテルリンク作)や、「Something Blue(サムシングブルー)」(花嫁が結婚式当日に、青い色を身に着けていると幸せになれる、という言い習わし)などに代表されるように、幸福を表す色、神秘的な色として、古くから神話や伝説などで紹介されています。

091021記者会見

発売まで約2週間。今から待ち遠しいですね。

091021青いバラ花束

今回は、グレイスがお伝えしました。


関連リンク
サントリーフラワーズのサイト

グレイス

この記事を書いたのは…
グレイス


5件のトラックバックをいただいています

くうねるあそぶ

2009年10月21日 18:57

世界で初めての「青いバラ」いよいよ販売へ

世界で初めて開発された「青いバラ」が,いよいよ11月3日から発売されるというハナシ。 ▼世界初「青いバラ」発売決定 サントリー、11月3日に - ITm......

ソムリエが書いてます

2009年10月23日 18:55

サントリーの『青いバラ』

今日は酒の話ではありません。『青いバラ』の話です。何年か前、「世界で初めて青いバ...

裏[4k]

2009年10月25日 17:19

Suntory blue rose APPLAUSE(アプローズ)…「青いバラ」の発表会

このブログをマメに見ていただいている方…いや、そんなに多いとは思いませんが…は、ひょっとしたらお気づきかも知れない。 実は僕は、花の写真を撮るのが好......

ガーデニング・園芸ナビ

2009年11月 8日 14:53

青いバラ 一般販売に サントリー

青いバラ、平成16年にサントリーが開発しましたが、一般販売には高額で生産体制も追いつかないということで、幻の青いバラでした。その青いバラが。2009年......

新・小町家の食卓

2009年11月23日 10:11

世界初の「青いバラ」  サントリーブルーローズ アプローズ

サントリー公式ブログ、サントリートピックスで発売を知った サントリーブルーローズ アプローズ すごーく気になっていたのですが Happy......

このページの先頭に戻る

イベント・キャンペーン

一覧ページへ

ソーシャルメディア

ブログスタッフのプロフィール

まる まる

入社から広報部。サントリーレシピサイト「レシピッタ」も担当。

趣味は、好きな街を散歩。カメラを買って写真も練習中。

秋田出身、学生時代は仙台。東京に来て、おいしいお店が多く、制覇しきれません。


まよら~ まよら~

入社から広報部。「サントリー公式Twitter」も担当。

趣味は、映画鑑賞。海外ドラマにハマっています♪

アクティブに動くのも、のんびりするのも好きです。楽しいブログをお届けします!


サントリー公式ブログ

オススメコンテンツ