SUNTORY SUNTORY公式ブログ

RSSフィード

サントリートピックス

サントリー広報部員が取材し、”サントリーの今”や”こぼれ話”をレポートするサントリー公式ブログです。

フランス・ボジョレー地区 ジョルジュ デュブッフ社 “2008年 作柄情報”をお届けします!

先日のレポート、『ベッキーさんが「ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーヴォー親善大使」に就任』、『「ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーヴォー」の愉しみ方を提案するイベント「ノベンバーフェスト」』に続いて、今日は、ジョルジュ デュブッフ社の作柄情報をお届けします!

(以下、ジョルジュ デュブッフ社より届いた写真にてご紹介。)

「ジョルジュ デュブッフ ボジョレーヌーヴォー 親善大使就任式」のとき、実際にボジョレー ヌーヴォー(=ワイン)となるぶどうを食べて、その甘さに驚きました、とベッキーさんがお話しされていたことも印象的でしたね。 
  
ボジョレー地区でのぶどうの収穫は、9月15日から始まりました。

ボジョレーは、この数日、よく晴れた天気となり、収穫するのにこの上ない天候だったとのこと。

1日を通じて冷涼な気温のため、収穫したぶどうの新鮮さを保つことができ、収穫時期にとって非常に望ましい状況だそうです。

ボジョレーの収穫は、すべて手摘み!生産者のぶどうに対する愛情を感じますね。

今年の収穫したぶどうの出来栄えは、果実の凝縮が高く、香り、味わいともに質の高いワインとなることが期待されそうです!

ぶどうの収穫は、10月の上旬まで続きます。

収穫されたぶどうは、醸造センターに運ばれて、人の手によって、いい状態のぶどうだけをより分けて、醸造工程へと進んでいきます。
 

発酵が終了した時点のワインをテイスティングできるのは、10月中旬ごろ。ボジョレー ヌーヴォー解禁日に向けて、またレポートをお届けしたいと思います!

作柄情報については、こちらのサイトよりご覧いただけます。→ボジョレー通信

今回のレポートはメグがお届けしました。

 

関連リンク
ベッキーさんが「ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーヴォー親善大使」に就任
「ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーヴォー」の愉しみ方を提案するイベント「ノベンバーフェスト」
ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーヴォーのサイト

メグ

この記事を書いたのは…
メグ

  • 2008年09月29日
  • カテゴリー [ ワイン ]

このページの先頭に戻る

イベント・キャンペーン

一覧ページへ

ソーシャルメディア

ブログスタッフのプロフィール

まる まる

入社から広報部。サントリーレシピサイト「レシピッタ」も担当。

趣味は、好きな街を散歩。カメラを買って写真も練習中。

秋田出身、学生時代は仙台。東京に来て、おいしいお店が多く、制覇しきれません。


まよら~ まよら~

入社から広報部。「サントリー公式Twitter」も担当。

趣味は、映画鑑賞。海外ドラマにハマっています♪

アクティブに動くのも、のんびりするのも好きです。楽しいブログをお届けします!


サントリー公式ブログ

オススメコンテンツ